TOPページ  こんなお店です!  取扱車種・中古車情報  修理・車検・点検・カスタム等もお問い合わせ下さい  純正部品・各種部品など  リース・クレジットのご案内  ツーリング・走行会のご案内  ETC車載器はこちら  色々な疑問を解決しよう
ETC車載器
ETC総合情報ポータルサイト (通行料金割引案内などの情報が公開されています)
二輪車ETC公式ホームページ
車載器購入時助成金について
ETC利用照会サービス (必要事項を登録すると過去15か月分の利用明細が確認できます)
当店は二輪車ETC車載器販売取付セットアップ店・車載器新規導入助成の取扱店です。

      

別体型「JRM-11」と一体型「JRM-12」(日本無線製)


ETC2.0 別体型「JRM-21」(日本無線製)

        
別体型「MSC-BE31(販売終了)」と一体型「MSC-BE21」(ミツバサンコーワ社製)

       
「MSC-BE51」と独立インジケーター付「MSC-BE51W」(ミツバサンコーワ社製)


ETC2.0 別体型「MSC-BE700」(ミツバサンコーワ社製)

ETC車載器は車載器メーカー指定の方法で車両への固定が義務付けられています。

*当店では殆どの車両に取付が可能です! メーカー設定が無い為に諦めている方、ご相談下さい。

別体型タイプ(JRM−11・MSC−BE51・BE51W)を取り付ける場合は・・・・
日本無線製車載器(JRM-11) \19,900、アンテナステー \4,000、セットアップ \2,500
ミツバ製車載器(MSC-BE51) \16,800、アンテナステー \4,000、セットアップ \2,500
ミツバ製車載器(MSC-BE51W) \18,500、アンテナステー \4,000、セットアップ \2,500
【ETC2.0】
日本無線製車載器(JRM-21) \23,800、アンテナステー \4,000、セットアップ \2,500
ミツバ製車載器(MSC-BE700) \26,800、アンテナステー \4,000、セットアップ \2,500
標準取付工賃 \8,000〜(取付工賃は車種により異なります)
従来型の標準装着価格は\31,300〜、ETC2.0は\38,300〜になります(税抜価格)

一体型タイプ(JRM−12・MSC−BE21)を取り付ける場合は・・・・

両社製車載器 \19,000、取付ステー \4,000 or \7,500、セットアップ \2,500
標準取付工賃 \6,000〜(取付工賃は車種により異なります)
標準装着価格は\31,500 or \35,000〜(税抜価格)になります。
 

12Vバッテリー搭載車であれば殆どの車種に取付が可能です。
(一部車種で車載器収納スペースが無い場合は一体型での対応となります)

有ったらいいな、埋め込み型インジケーター!

各社車載器のインジケーターはカード装填時は緑色点灯、未装填時は赤色に点灯します。
従来の車載器を使用している方に埋め込み型のインジケーターが出来ました。
       
メーターパネルやインナーカウル等の好きな場所に、8mmの穴加工が出来ればETC標準装着車のように取付が出来ます。配線は1.5mの余裕があり、必要な長さに加工して装着することが可能です。

・日本無線製、ミツバ製専用のコネクター及び端子付属
・既存の別体型モデルの殆どに取付可能です

 希望小売価格:\5,940
 取付には別途工賃が必要です。(取付車種により異なります)

*6/2現在の在庫状況
車載器種類 納期 当店での装着価格(消費税別途) 装着位置
JRM-11(別体型) 2日 総支払額 \34,000〜 現車にてご相談
JRM-12(一体型) 2日 総支払額 \28,000〜 ハンドル、フロント周辺
JRM-21(別体型2.0) 2日 総支払額 \38,000〜 現車にてご相談 
MSC-BE51(別体型) 2日 総支払額 \31,000〜
MSC-BE51W(別体表示型) 即納 総支払額 \33,000〜
MSC-BE700(別体表示型2.0) 2日 総支払額 \41,000〜
MSC-BE21(一体型) 2日 総支払額 \28,000〜 ハンドル、フロント周辺
*カウル脱着等、取付に加工等を要する場合、上記価格を適用出来ない車種があります。
*翌日以降の納期には土日・当店定休日は含みません。予めご承知をお願いします。


お申込後、即日取付(在庫有りの時)が可能です。(取付作業日は要予約)
(即日使用可能は車載器在庫が当社にあって、お客様が既に有効なETCカードを取得している場合です)
車載器装着時のお願い
●ETC車載器は二輪用・四輪用問わず、車両への固定が義務付けされています。簡易的な装着と使用はお止め下さい。
●二輪車用車載器であってもご自身での取付はお止め下さい。アンテナ取付角度等に問題があると通信エラーを起こします。
●新規購入・車両入替・車両番号変更時のセットアップは必ず実施して下さい。車載器には以下の情報が書き込まれます。
 *車載器管理番号 *車載器型式番号 *車両番号 *車名 *車両型式 *用途 *自家用・事業用別 *車体の形状 *乗車定員
 *車両重量 *最大積載量(二輪は無し) *車両重量 *車両総重量 *長さ *幅 *高さ *前軸重 *後軸重
 *総排気量又は出力 *燃料種類

 上記の車両情報を基に料金所ゲート通過時に通信しています。また各ゲートでは、通過年月日・時間・ゲート番号・通過速度を記録しています。セットアップ情報と異なる車両でも料金所の通過は可能ですが、悪質な場合は追跡調査される事もあります。過去には「1ナンバー」のトラックが「4ナンバー」でセットアップした車載器を搭載し、通行料金を不正に逃れた事で検挙された事例もありました。
 二輪車用の車載器は四輪車用に比較すると高価な為に軽自動車用にセットアップされた四輪車用車載器を流用されている方も見受けられますが、好ましい状態ではありません。また防水等も考えられていませんので車載器故障、車両破損の可能性もあります。
Copyright (C) 2013 Top Corporation. All Rights Reserved.